Designer & Educator

Daisuke BLOG

Small thoughts about design in general.

始動

 

武蔵術の授業があと2週間で始まります。
インタラクティブ・イノベーションと、コンテクスチュアル・スタディーズ
それぞれ、1と2があるので、通年で合計4クラスです。
どこまでいけるかわかりませんが、今年も気合いを入れて頑張ります。

幾つかやってみたい事があります。
かなり漠然としていますが、忘れないように書いておきます。

まず、学生たちに、本当に何かを学べる場を提供すること。
実感として、何か大切なものを学べたと感じてもらうことです。
たとえば、スニーカーでサッカーをやっていた子供に
スパイクをはかせてあげるような、
地面をしっかりとつかんで走り回れるようになる、そんな授業にしたいです。
そのためには「気付き」の機会を意図的に作る必要があります。

次に、具体的な目標をインストラクターの間でまずシェアして、
「やるべきこと」や「言うべきこと」がぶれないようにしたいです。
そのためには、きちんと準備しないといけないなと思います。
昨年は良い意味でも悪い意味でも「勢い」で走り抜けた感じですが、
ことしはちゃんとしたレクチャーを何度かやりたいし、
学生達にもレポートやエッセイという形でフィードバックしてもらいたいです。

あとは、その記録を昨年以上にきちんととって、
最終的には書籍の形にまとめ、なんらかの形で社会に伝えてゆきたいです。
昨年度のまとめも冊子の形にまとまり、印刷もされる予定ですが、
単なる記録でしかなく、コミュニケーションツールになっていません。
やはり、第三者にも分かりやすい形でプレゼンできるようにしたいです。

そして最後に、自分自身が一番興味のあることを授業で扱いたい。
僕にとっての最大の関心は、いかに「価値」あるものを作れるかということです。
おおまかに、物事の本質的な価値と、それをとりまく文脈に分けて、
考えてゆきたいと思います。

あと2週間、仕込みを頑張ります。