Designer & Educator

DLOG

Small thoughts about design in general.

いなか


おばあちゃんに会いに、新潟へ。

晴れていれば佐渡島が見える、日本海に面した小さな村です。
おばあちゃんはそこで、つい最近まで、
小さな民宿の女将さんをしていました。
海の見える民宿「さかえや」は、
毎年夏になると、沢山の海水浴客でにぎわっていました

毎年の夏休みには、民宿の一階にあるおばあちゃんの部屋に泊まり
一日中泳いだり、磯でヤドカリをとったりしました。
だから、僕の夏休みの思い出は、潮とスイカと蚊取り線香の匂いとともに、
おばあちゃんの民宿にあります。

夏休みには当たり前のようにどっぷり海につかっていた自分を
今となっては、なんと幸せなやつだろうと思いますが、
そういう豊かさを思いっきり消費できるところが、
子供ということなのかもしれません。

そして、20年前と何もかわらない風景を眺めながら、
ノスタルジックな想いを感じているところが、
歳をとってしまった証拠なのでしょう。

でも、引っ越しばかりだった僕にとって、
「いなか」というよりどころがあったのは、とても幸せなことでした。
こういうよりどころがあったからこそ、ちょっと無理をしてでも、
外に出て行こうという気持ちになったのかもしれません

今年91歳になるおばあちゃんは、
おじさんが民宿を半分壊して造ったデイケアセンターで日中を過ごし、
よるは、これまでずっとそうしてきたように、民宿の一階で寝ています。

おばあちゃん、どうか長生きしてください。

Daisuke EndoComment